集う

【Online10/12-】『みんなのためのNVC❣️』社会構造への気づきをもたらすNVC基礎〔シルバーマン恵子〕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

講師/ファシリテーター名:シルバーマン恵子
主催者名:シルバーマン恵子
主催団体名:
日程:2022年10月12日
期間・回数:22セッション 2023年4月まで
開始時刻:8時 00分
終了時刻:10時 00分
開催方法:オンライン
開催場所:沖縄県 ハワイ島(沖縄は家族が暮らしています)
参加費について:スライディングスケール制(詳しくは詳細を)
イベントページまたは申込みフォーム:https://fb.me/e/2TMwpG3XA
問い合わせ・申し込み先:loveandcourage.nvc@gmail.com

主催者からのご案内

『みんなの大切にしていることが大切にされる世界』へのパラダイム・シフトをもたらすNVC(非暴力コミュニケーション)の基礎を、社会構造への気づきを深めながら学ぶ半年コースです。

🌸 🌸 🌸

❤️前回参加された方々の声です❤️
問い:コースから学んだこと、気づいたことで、日々の暮らしで使っていきたいと思うことは?

「暴力とは何か」ということをまず理解できた事は、大きかったです。自分の暴力を振り返ったことと、暴力とは何かを理解したことで、自分の中の古く硬いものが剥がれていき、新しい風が身体に通った感じがしました。

自分ももっと無理をすることなく、そして他のみんなももっとニーズを満たされるように生きていけるのかも?と気づけました。色んな矛盾に気付いていいし、
声をあげれるのかも!と思いました。

社会の中で刷り込まれてきたことが、あまりに多いことにも気づきました。そのため自分の感情に気付かないようにしたり、他者の感情に気付かないようにしていたかもな〜と思います。

自分がどういう点で特権的な立場にいるのかを考えたり、抑圧されてきているものへの気づきにもなっていたように思います。まだまだ理解不足ですが、とにかく沢山の視点を持ち、目線をもっと下げて「素直に見る」をしたいと思いました。

インパクトを受けたり、与えた時、相手と共感と共にいること、繋がりを取り戻す事は困難に感じられるけど、自分の意図をすぐに伝えようとするよりも、共にいることを選んでいく事は、勇気だし、新しい体験に繋がるような気がしています。

問い:「コースへの参加で『NVCとは何か?』への理解に変化がありましたか?」

基本的な構造のシンプルさは変わらないけれど、その深さとパワフルさ、そしてそこから起こる影響力がとても大きいということを感じることができた。つまり、「私」から「世界」へのつながりと広がりを感じることができた。

今までは、NVCとは、NVCのめがねをかけて世界と自分を見ること(それをより、自然にできるようになること)が大切だと思ってきましたが、それと同時に、システムによってかけさせられてきたメガネに気づくことも、NVCの大事な要素なのかな?と思うようになりました。

🌸 🌸 🌸

9月20日朝8時〜8時半に無料ミニ説明会、あります💕
お申し込みなどはこちらからお願いします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe4J5_TkL3jw2yBN2ExNeVhFOq-D67RjsQ7fcDUFJ97wswBmw/viewform?usp=pp_url

🌸 🌸 🌸

☀️セッションの日時☀️
水曜日の朝8時〜10時
(2時間 x 22セッション)

日程:
10月12日&19日&26日
11月2日&9日&16日&23日&30日、
12月7日&14日
2023年1月18日&25日
2月1日&8日&15日&22日
3月1日&*8日&*15日&22日&29日
4月5日+4月*12日&*19日

(*3月8日&15日がお休みになる可能性あり。
その場合は4月12日と19日が追加になります)

☀️コースで学ぶこと☀️
・暴力ってなんだろう?
暴力は個人の「問題」なんだろうか?
・『ニーズ』を社会構造(システム的視点)で見ていくと周りの見え方はどう変わる?
・感じるのが苦手なフィーリングと社会の仕組みには
どんなつながりがある?
・『観察』って言うけど、全員が同じ観察をしているのだろうか?
・『システム的観察』ってなんだろう?
相手を理解することに、それがどう役立つんだろう?
・社会の仕組みは、自己共感にどう影響しているのだろう?
・共感と同情の違いを、クリアに自分の中に感じているかな?
・自分の行動の意図と相手が受け取るインパクトの違い。
・相手が受け取ったインパクトにどう対応できるのか?
・自分より権力などの力を持つ相手にリクエストをどのように伝えたら効果的?

☀️コースの構成☀️
このコースは、水曜日の朝のみんなでのセッション(講座)共感バディとの共感コール、そして、セッションとセッションの間のジャーナル(感じたことを書き出すこと)で構成されています。

セッション:
コース終了後1ヶ月まで録画にアクセス可能ですが、ブレイクアウトルームでの練習が大切なので、ライブ参加される方が、学びが身につきます。

共感バディ:
2週間ごとにバディ(パートナー)をこちらからご案内します。2人の都合の良いタイミングを相談して1時間ほど毎週1度、共感と共にお互いを聴き合う時間を持ちます。*参加者に詳しく説明します*

ジャーナル:
セッションごとに、そのセッションの学びを深めるテーマをお渡しします。セッションで感じたこと、気づいたこと、そして日常生活で体験しての気づきなどをご自分が好きなだけ書いてみてください。(提出は不要です)

☀️講師☀️
シルバーマン恵子
CNVC認定トレーナー候補生
どんな人だろう?と思った方はこちらをご参照ください。→ https://docs.google.com/document/d/1pYaC33A8O9_Tf4olIwaI_Znrv-dWjwc55419yL63eVA/edit

☀️参加費用のこと☀️
❤️お金があること・ないことやソーシャルロケーションがコースを受講できる・できないに反映されないことを願っています。下記が難しい方は、遠慮なくご相談ください。

❤️スライディング・スケールです。
(経済状況に応じて金額を決めてください。)

1。お申込時に、10,000円をお支払いください。

2。コース終了時に下記から選びお支払いください。
分割も可能です。

・海外旅行に行くなど経済的にゆとりがある方: 80000円
・講師が生活できるようにお願いしたい額:55000円
・上記の金額を払うのが困難な方:35000円

疑問などあれば遠慮なくお問い合わせくださいね。

☀️コースのこと☀️
今年の2月から4ヶ月にわたりRoxy Manning
(CNVC認定トレーナーのロキシー・マニング)
から『NVC for ALL』という彼女が作ったカリキュラムのトレーニングに参加しました。

トレーニングの一環として、このカリキュラムを『みんなのためのNVC❣️』として日本語でお伝えするグループを持ち13名の方が参加してくださいました。

そこで受け取ったフィードバックなどを元に、今の日本の皆さんにより関連が高く、必要と思われる内容を大切に、情報としての学びではなく自分の人生や生き方を支える身体に落とし込まれた学びとなることを目的としたコースを立ち上げます。

☀️お問い合わせ☀️
シルバーマン恵子まで
loveandcourage.nvc@gmail.com

☀️お申し込み☀️
このフォームからお願いします。
参加への思いとコース提供の思いがあっている方にご参加いただければと願っています。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe8eHxKxzN161WPu-e4Qfkv9M7c_SFtFK_aCF4fvsfetnV0aA/viewform?usp=pp_url

☀️もう少し開催への思いを・・・☀️
「現在の暴力的な社会に、よりよく適応するために
NVCを学ぶのであれば、それはアヘンと同じことになる。

内面のワーク、対人間でのワーク、そして社会を変えていくことの3つを同時進行で進めていくことがとても大切である」と、NVCを作ったマーシャル・ローゼンバーク博士は言いました。

私がNVCに惹かれたのは、内面のワークだけで『自己完結』してしまわないところ。同時に、アクティビズムや社会変革など外部での活動だけにフォーカスするのでもなく自分の内面での対話を柔らかな人間的なものに変えていくことを大切にしていることでした。

ですが、VCのトレーニングを色々と積み上げても『NVCをどう社会変革に使うのか?』が明確にならないまま、現在の社会構造の歪みとその惨たらしさを感じていました。

ロキシーはカリブ海の島から小さい頃にアメリカに移民としてやってきました。

幼少期から社会構造が生み出す暴力にさらされその体験から「社会構造への気づきを伴わないNVCを伝えていくことは、結果としてより暴力を増やしていくことになる」という考えを持ちNVCを伝えています。

そんな彼女の生み出したカリキュラムは「あぁ、そういうことだったのか」と腑に落ちたり今まで気付いていなかったNVCの持つ力を再確認したり。

自分もより、力を育んだという体感があります。
それを、みなさんと分かち合えれば・・・
一人一人が自分の力に目覚め、それを社会のために
使っていく方向性でNVCの学びを深められたらと
願っています。

みなさんと6ヶ月のNVCと社会への気づきを深める旅を共にできること、楽しみにしています❤️

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る