資料

共感(エンパシー)サークルのやりかた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

これはCNVC認定トレーナーである、ZENVCのジェシ・ヴィーンスさんとキャサリン・カデンさんが日本のコミュニティにプレゼントしてくれた資料のひとつです。Thank you so much, Jesse and Catherine!

 

始める前に、ニーズカードのセット一式をここからダウンロードして印刷し、ひとつの言葉がひとつのカードに表示されているように切ってください。

  1. 参加する全員が輪になって座ります。ニーズのカードを字が書かれているほうを上にして、床の上かテーブルの中央に広げてください。
  2. 輪の中のひとりに、その人の人生の中で起きている事柄(エピソード)について数分で話してもらいます。つらいことでも嬉しいことでも、どちらでもかまいません。小さい出来事の場合もあれば、大きな出来事の場合もあるでしょう。
  3. 話し手が語っている間、全員がそれを静かに聴きます。
  4. 話し手が話し終わったあと、聞いていた全員がニーズカードを静かに見て、どのニーズがその話し手にとって大切なのかを選びます。各自、黙ったまま静かに1〜2枚のニーズカードを拾い上げ、話し手の前に自分の選んだカードを置きます。
  5. 話し手は自分の前に並べられたニーズカードを見て、静かにカードに書かれている言葉を受け取る時間をもちます。終わったら自分の前に並べられたカードをサークルの中央に戻します。
  6. サークルにいる次の人が同じように自分の人生で起こっていることについて話します。サークルにいる全員が自分の話を分かち合うまで、これを続けていきます。

 

©2010 Jesse Wiens and Catherine Cadden / ZENVC.ORG
Based on the work of Marshall Rosenberg and the Center for Nonviolent Communication / CNVC.ORG

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る