プロダクト

共感トランプ (第二版)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

COVID-19対応として発送を週1回程度にまとめています。
ご入金のタイミングによっては到着まで2週間ほどかかることがありますので、
ご使用日が決まっているなどお急ぎの場合は必ずお知らせください。

共感トランプお申し込みフォーム

共感の場を広げよう! 共感トランプナビゲーター講座のご案内

共感トランプ第二版、販売中!

* 第二版の特長 *
麻の葉(暖色系)と青海波(寒色系)の2柄をご用意
フィーリングとニーズのカード裏が色違いに(裏から区別がつきます)
文字の向きを従来と逆向きに(手前に重ねて出す時、向こう側で正向きに見える)
フィーリングとニーズを色覚障害の方にも見分けやすく文字面は◯印で区別
枚数を少なく使いたいときのおすすめカードのマーク付き(下記∞マーク解説図参照)
箱の紙を厚くして、強度をアップ
フィルムを使わないエコなクリアトナー加工を採用
(フィルムがない分第一版より紙厚が若干薄く感じます/初版と比べて22gの軽量化に成功)

* 従来からの特長 *
日本製 Made in Japan/伝統和柄・英語入り
繊細な思いを表す大容量160枚(フィーリング&ニーズ各78枚+ブランク2枚)
イメージをできるだけ固定しないための、文字だけのカード面

共感トランプお申し込みフォーム

「共感とは感情とニーズを推察すること」……と理解していても、実践ではなかなかできない、NVCは難しい、と思っている方は多いのではないでしょうか。

「NVCは言葉の使い方ではなく“ありよう”」……とわかってはいても、常日頃から自分や他者に共感実践していないと、ありようにもなかなか現れてきません。

だから、実践練習あるのみ!!

……なのですが、「徒手空拳ではやっぱりむずかしい〜言葉も出てこない〜」とお嘆きのあなたに、カードを使った練習方法をご提案します。

NVC練習の最初の壁を越えるために

初心者にとっての最初の壁のひとつが、「言葉が出てこない」こと。

実際に声に出すのはもちろん心の中で共感するときでさえも、感情やニーズの語を思い出しひねりだしたときには、すでに「今」は遠く過ぎ去り、感覚も薄れゆき、わずか数分であってもすでに「過去のしがらみ・思い出」と化しているうえ、心から発せられた言葉というよりは解釈や考えが先に立った、自分が納得するための言葉になっていたりして、ガッカリ!! ……していませんか?

現代社会に順応するため、幼少時からジャッカル道(人や自分を責めたり批判する手段をとること)を極めた私たち。いくらNVCを学んだからといって、NVCは「身につける」ものだけに、覚えて反復すればできるものでもなく……orz

そこでNVCではいろいろな角度からの理解方法や練習方法が生まれているのですが、多くの人にとりつきやすいのが、感情とニーズの語彙(ボキャブラリー)を増やすこと。

頭で納得する前に浮かんだ言葉(感覚)をキャッチできるように、言葉に馴染んでおくのです。

そのためにすでにこのサイトでも「感情とニーズ」の表を無償提供していますが、文字の羅列に圧倒されたり親しみを持てなかったりするとき、カードの形だと触覚や視覚に訴えて受け取りやすくなったりします。

同時にニーズカードも無償提供していますが、これはワークショップなどでの使用を主としていて、サイズも大きめ(ご自分で印刷時に縮小していただいてOKです)。

ご家庭やサークルで手軽に使えるよう作られたのが、「共感トランプ」です。

使い方(あそびかた)としては、共感トランプを使って共感サークルをする「エンパシー・ポーカー」がもっともよく行われています。感情とニーズを区別し、声に出して相手に聞き(他者共感)、話し手は自己共感を手伝ってもらうという一石二鳥、練習でありながら実践でもある点も根強い人気のあそびかたです。

共感トランプ・ミニコラム

元はアメリカのCNVC認定トレーナー、ジーン・モリソンとクリスティーン・キング両氏が考案したGROKカードで、トレーナーたちを通じて世界中でさまざまな形で愛用されています。

日本でもすでに2014年のIITの際の資金集めのために作ったものや、自作のものが存在していますが、2014年以来、製作・販売が望まれていたのを、ようやく、2017年日本IITに合わせて完成、販売を開始しました。

ちなみに第一版発行日とした10月6日は、2017年日本IITの初日であるのみならず、NVC創始者のマーシャル・ローゼンバーグ博士の誕生日でもあります。この奇しきめぐり合わせには、この3年間の苦労があっただけに感動すら覚えました。

共感トランプお申し込みフォーム

シンプルさにこめた意図

第二版では、表(文字)面で「感情・きもち」と「ニーズ」のカードの区別をつけることさえ少しむずかしいぐらいに、特徴を排してシンプルに徹しています。

あえてシンプルに作ってある理由があります。

カードというリアルな「モノ」だからこそ、感覚を刺激し、目の前で変化を体験できる。それが共感トランプの最大の特徴です。指で触れ、手に持ち、人に渡すことができる「モノ」。頭で理解していることと、実際にやってみることとの大きな違いを体感させてくれる「モノ」。そのために、抽象的な「文字」という“図”だけが目に入るようにしています。

共感的コミュニケーションにとって自律(autonomy)はとても重要なニーズでありスキルであると筆者は考えます。共感トランプにおいても、語を人それぞれのイメージや定義でとらえること、いろいろな活用の余地を残せること、など使う人の自律性・自主性を養い尊重することを意図しました。

「感情・きもち」と「ニーズ」のカードの区別のつけかた(第二版)……裏面の色が違います。また、「感情・きもち」カードには表(文字)面の中央の∞マークの内側に小さな◯を入れてあります。よ〜く見てみてくださいね。
「感情・きもち」と「ニーズ」の表面での区別をつけにくくしてあるのは、NVCに慣れていないうちは区別するのが難しいことがあることから、自力で区別する練習になるように、という意図があります。慣れてくれば、区別できなかったことが不思議なくらいなのですが。

*   *   *

第二版では、「感情・きもち」「ニーズ」各78枚ずつあるカードのうち、∞マークを変えたカードが各24枚あります。

これは子どもとあそぶことを想定して選んだ語ではありますが、枚数が多すぎて混乱するかもと思ったときに語を選ぶ助けとなるのではと思います。

もちろん、好きな語をなんでも選んでいいのです。カードには含まれていない語を足したいときのために、ブランクカードも各2枚入れてあります。カードはホワイトボードマーカーで書け、消すこともできます。

5+1種類の「あそびかた」を紹介したマニュアル付き

「共感トランプ」は、感情とニーズの単語が一枚一枚カードになっているものです。それ「だけ」なのですが、このシンプルさがさまざまな活用法を生み出しています。

同梱されている「共感トランプのあそびかた」には、大小複数メンバーであそべるメニューを5種類とバリエーション1種類を載せています。

  1. 共感(エンパシー)ポーカー……共感をする/されるあそび
  2. クイックパニックポーカー……1のバリエーション。Don’t think! Feel.を志向するあそび
  3. ニーズ連想……ニーズと仲良くなるあそび
  4. ジェスチャー・ゲーム……フィーリングの多様性と出会うあそび
  5. ニーズをさがせ……ニーズとリクエストの多様性と出会うあそび
  6. ウィン・ウィン・ミーティング……お互いのニーズを満たすリクエストを創造するあそび

これらは老若男女問わずあそべる方法で、家族や学校、コミュニティで活用できます。

学校など人数が多い場で使うとき、2セット混ぜて使いたいというご要望を受けて、2柄をご用意しました。初版(完売)は鮮やかなグリーンの鉄仙に渋いベージュの葵、いずれも和の古典的植物モチーフで、第二版は青と抹茶のクールな青海波(せいがいは)に赤と黄のホットな麻の葉、いずれも江戸小紋に用いられた和柄で、外国の方のおみやげとしても好評いただいています。

NVCについてのミニ解説も載せているので、NVCを学ぶチャンスがなかなかない方の入門ツールとしてもお使いいただけます。

共感トランプナビゲーター養成講座

【国立1/14-15】共感トランプナビゲーター講座〔西東万里・栗山のぞみ〕

「NVCをシェアしたり学び合いをするために、共感トランプを活用したい」

「学校/組織/コミュニティに取り入れて、NVCで対話や仕事ができるようにするために、共感トランプを活用したい」

「講座のような形ではなく、また自分が“先生・講師”をするのではなく、自宅サロンなどで気軽にNVCを知ってもらう会を開きたい」

多くの方から寄せられたそんなご要望に応え、「共感トランプナビゲーター」養成講座を企画中です。

「共感トランプのあそびかた」にある6つのメニューを実際に体験し、人に伝える方法を探求します。同時にNVCの理解も深めることができます。

基本の「エンパシー・ポーカー」から、そのバリエーション「クイックパニック・ポーカー」、対話がはずむ「ニーズ連想」、子どもたちとも楽しめる「ジェスチャー・ゲーム」や「ニーズをさがせ」、コミュニティの話し合いや組織のチームビルディングに威力を発揮する「ウィン・ウィン・ミーティング」まで、日常のさまざまなシーンで活用できる共感トランプ。

あなたの半径5メートルを共感で満たすために、共感トランプを活用してください!

講座は「集う」で告知します。主に首都圏開催となってしまいますが、ご要望があれば首都圏以外の地域にも出向きます。5人集まればクローズドでの講座も開催できます。

いずれも窓口からお気軽にお問い合わせください

日々を豊かに過ごす活用法

「共感トランプ」はグループのみならず、ひとりでもあそべます。

ニーズ連想×瞑想

朝起きたらニーズのカードを一枚ひきます。そのニーズのことばをテーマに一日過ごしてみます。できればカードを一日持ち歩き、ときどき触れてみてください。

たとえば「自分にとっての真実/本物さ Authenticity」をひきあてたのなら、まずはひとりニーズ連想をしてみます。トイレに座りながら、歯を磨きながら、食事を摂りながら、車窓から外を眺めながら、そのニーズから思い起こされるイメージ、自分にとってそのニーズがどんな意味をもつのか、そのニーズが大事だったなと思い出されることなどを脳裏に展開します。

そんな風に一日過ごした夜、落ち着いた時間に、そのニーズが満たされたとしたらどんな感じになるかを想像し、味わってみます。ひとりしずかに瞑想するように、じっくりと、自分の身体の細胞ひとつひとつにその満ち足りた感覚を染み込ませるように味わいます。

これを平時に習慣化しておくと、ニーズにつながりやすい身体性が育まれ、いざ問題やトラブルが勃発したときに、状況に巻き込まれずに、とっさにニーズにつながって落ち着いたり、事態を客観的に把握したり、提案(リクエスト)を出したりすることがしやすくなるため、特に強くおすすめしたい「あそびかた」です。

英語を解する外国人とのコミュニケーションに

「共感トランプ」には英単語が併記されています。

あなたが英語がよくわからない場合、(英語を解する)外国人と同席することになったらチャレンジをおすすめしたいのが、ニーズのカードでのコミュニケーションです。

相手の外国人の方には、母国語で自由に話していただきます。あなたは話の内容を理解できない代わりに、相手の話しぶりに観察を集中させ、意味にとらわれないでその方の気持ちとその奥の大切にしていること(ニーズ)だけを見つめることができます。

相手が話し終えたら(話が長ければ途中でも)、あなたが感じ取ったニーズのカードをそっと差し出してみてください。一枚でも、複数枚でもかまいません。

相手の方に、あなたが相手を理解したい、受け取りたいと思っていることは伝わることでしょう(たぶん)。議論や仕事には向かないかもしれませんが、言葉が通じなくても心でつながる助けになるとともに、言葉がわからないからと曖昧な微笑みでごまかす必要がなくなり、あなたの安心や居心地を支えてくれます(西東が経験済みです)。

(文責・西東万里)

共感トランプお申し込みフォーム

共感トランプ概要

仕様

内容:フィーリングおよびニーズのカード各78枚、ブランク各2枚(計160枚)/「共感トランプのあそびかた」(A4サイズ八つ折り一枚)

カードサイズ: W6.3cm・H8.9cm/箱サイズ W13cm・H9.1cm・D2.7cm

仕様:クリアトナー加工(ホワイトボードマーカー使用可)/日本製(東京紙器株式会社)

重さ:284g

お申し込みに際しての重要なご案内

◎お申し込み後、ご登録のアドレスに届く自動返信メールが購入受付の確認メールを兼ねます。届かない場合はアドレス登録間違いか、返信が迷惑メールボックスに入っている可能性があります。迷惑メールボックスになかった場合は、恐れ入りますが当フォームの再送信をお願いします。

Hotmail、live.jp、outlookなどMicrosoft系のメールアドレスをお使いの方に、メールでのご連絡ができないケースが多発しています。迷惑メールボックスをご確認いただくか、nvc-japan.netのドメインを迷惑メールボックスに入らない設定にしていただくよう、お願いいたします。

【お問い合わせをするケース】通常、入金確認次第お品をお送りしていますが、ご注文に不明点がある場合や数日以上入金が確認できない場合に問い合わせをさせていただいています。

お振り込み確認後に発送します。お急ぎの方は通信欄にお書きいただくか、振込票等の写真を添えてshop@nvc-japan.netにお知らせください。

◎クリックポストで送るため2〜3日かかります(地域差あり)。お急ぎなどで2個以下で宅配便をご希望の場合は通信欄にお書きください。

1個        5633円(税・送料188円込/税抜価格@4950円)

2個(柄違い)10638円(税・送料188円込/税抜価格@4750円)

 

共感トランプお申し込みフォーム

(再掲)重要なお知らせ:Hotmail、live.jp、outlookなどMicrosoft系のメールアドレスをお使いの方へ

メールでのご連絡ができないケースが多発しています。迷惑メールボックスをご確認いただくか、nvc-japan.netのドメインを迷惑メールボックスに入らない設定にしていただくよう、お願いいたします。

 

第一版 2017年12月13日投稿
第二版 2019年11月13日改訂

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメント

Comments are closed.