集う

【岡山3/21】『イライラなどの感情と主体的に付き合い、 じぶんが主人公の人生を生きる』共感コミュニケーション体験会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

『イライラなどの感情と主体的に付き合い、
じぶんが主人公の人生を生きる』
共感コミュニケーション体験会
開催します。

◆日時 2016年3月21日(月)14時~17時半

◆会場 奉還町リブラ
700-0026
岡山県岡山市奉還町2丁目14-7
(岡山駅西口より徒歩10分)

◆参加費 5000円(税込)

◆定員 12名

◆ワーク後、夕食交流会あり。
(詳細は後ほどUPします。)

◆申込:FB参加クリックだけでは
参加にはなりません。
下記リザストページより
お申込みをお願いします。
http://www.reservestock.jp/events/111065
共感コミュニケーション岡山事務局 久富晶子です。
イライラを翌日に持ち越さず、
感情に振り回されずに
じぶんにゆとりという心のスペースを確保し、
自己肯定感を高めることで
客観的・主体的に行動や言葉を
選べるように、サポートしています。

今回の講座では、イライラなどの感情が
なぜ起こるのかという事を学び、
『イライラなどの感情と主体的に付き合い、
じぶんが主人公の人生を生きる』
為に何が必要か、という事をワークを通して
体感することができます。

イライラやムカムカが収まらないまま
時間がないからとやるべきことに取り掛かるも、
冷静な集中力が保てず、ケアレスミスをしてしまったり、
判断ミスをして後から後悔した、ということは
ありませんか?
また、周りの人に八つ当たりしてしまい、
自己嫌悪することはありませんか?

ケアレスミスや判断ミス、八つ当たりをしてしまうと、
さらにイライラやムカムカが加速したり自己嫌悪に
なったりしますよね。

では、どうしたらいいかというと。
感情が起こる事を止めることはできませんが、
その感情を落ち着かせる事はできるので、
イライラやムカムカを落ち着かせてから
行動したり、発言したりすればいいのです。

なぜそれができないかというと。
簡単です。
『感情との付き合い方を知らないから。』

知らないので、できるという認識がないため、
イライラやムカムカと主体的に付き合えないのです。

この感情との付き合い方を
学ぶのに効果的な方法の一つが
NVC(共感コミュニケーション)と
いうコミュニケーションスキルを使うこと。

~*〜*〜*~*〜*〜*~*〜*〜*~*〜*〜*

◆NVC(Nonviolent Communication)とは?
日本では「非暴力コミュニケーション」
「思いやりの/人生を豊かにする/共感的コミュニケーション」
などととも呼ばれています。
アメリカの心理学者マーシャル・ローゼンバーグ博士が
体系化したコミュニケーション方法で、
日常生活から社会問題、ビジネス、修復的司法、
民族間紛争など世界中で幅広いジャンルで活用されています。
詳しくは、http://nvc-japan.net/nvc/
を参照ください。
参考文献:
『NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法』
マーシャル・B・ローゼンバーグ著/安納献 監修/
小川敏子 訳/日本経済新聞出版社
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784532318109

~*〜*〜*~*〜*〜*~*〜*〜*~*〜*〜*

NVCでは、
イライラやムカムカなどの感情の役目は、
その時のじぶんにとって、大切な事が
満たされていないシグナルと考えます。

したがって、今その時じぶんにとって
大切な事(ニーズ)を認識すれば、その感情は落ち着き、
気持ちがスッキリします。

その大切な事(ニーズ)を認識する
事を NVCでは 自己共感と呼びます。

この自己共感を活用することで
得られることは。

◆イライラやムカムカなどが落ち着く
◆感情が落ち着いているので、明確に冷静に考えられる
◆じぶんが必要なものがわかっているので、
望みに沿った決断を選びやすい

私も、この感情と上手く付き合うという
意識を持つまでは
イライラやムカムカは、
起こるものなので仕方がない、と
想っていました。

なので、努力して目の前の
集中すべきことに意識を持っていくことで
そのイライラやムカムカを
ないものとして無視してきました。
そうすれば、その時は
なんとか物事が前にすすみますが、
また同様のことが起こった時に、
また同様の、しかもより強いイライラやムカムカを
抱えて、またそれを抑え込む、と
いう事を繰り返していて、
何か方法がないのか? と
ずっと暗中模索していたのです。

その過程で、NVCと出逢い、
自己共感を習慣とすることで、
ようやく、イライラやムカムカと
主体的に付き合えるようになり、
その結果、自己肯定感も高まりました。

この度、
東京で10年 NVCを伝える活動をされている
小笠原 春野さんをお招きして、
NVC自己共感ワークを開催します。

東京、関西では大人気の春野さんのワーク。
3月に京都で行われる彼女のNVC基礎ワークは
すでに満員御礼。
今回、岡山初開催です!

この機会逃さずに、
自己共感することで得られるスッキリ感、
是非 体感してみてください。

こんな人におすすめです。
◆つい相手に愚痴やいらだちをぶつけてしまって
その場の空気を悪くしてしまうので、
それをなんとかしたい。
◆じぶんの想いを明確に相手にわかりやすく伝えて、
仕事を効率よく無駄なくすすめたい。
◆相手の伝えたい事をきちんと理解し、
理解しあう快適な会話を楽しみたい。

春野さんから提案いただいた
今回のワーク内容は

~*〜*〜*~*〜*〜*~*〜*〜*~*〜*〜*

◆『自己統合』~複雑で繊細で多様な自分ー自分に
やさしくすると世界とのつながりが見えて来る~
大きなエネルギーを持ったニーズの陰に、
隠れて見過ごされたり、遠慮したりしている、
自分の中の小さな恐れや願い、
そういう微細なこころのひだにも共感の温かさを上げて、
自分の中に取り残されちゃった寂しい子をつくらず、
すべてを含んで自分であることを、
優しさとともに認めるーー自己統合のプロセス。

~*〜*〜*~*〜*〜*~*〜*〜*~*〜*〜*

すべてを含んで自分であることを、
優しさとともに認めることで、
心が自己肯定感で満たされ、
じぶんの感覚が豊かになっていきます。
じぶんの感性が豊かになればなるほど、
周りの人の感性にも、豊かに、喜びから
向き合う事が出来るようになります。
是非、一緒に自己共感からの自己統合プロセスを体験し、
イライラと後悔を手放し、満足できる選択を
積み重ねることで、望み通りの人生へ
舵をきってみませんか。

ピン!ときた方は、
下記リザストページより
お申込みをお願いします。
http://www.reservestock.jp/events/111065

~*〜*〜*~*〜*〜*~*〜*〜*~*〜*〜*

ファシリテーター:小笠原 春野

大学卒業後、教員を3年勤めた後、配偶者に同行して
ベトナム、スリランカ、ベリーズ、クロアチア、スイスと
13年間海外を転々とする中で、多様性の素晴らしさ、
平和の大切さを痛感し、2002年に帰国。
以後、都立高校教員として復職。
2006年にNVC(非暴力コミュニケーション)と
一冊の本で出会い、すぐさま創始者
マーシャル・ローゼンバーグ氏のワークショップに参加し、
探し求めていた平和への道だと確信する。
以来、NVCの訓練と実践に励んできた。
非暴力な社会変革、全員のニーズが大切にされる組織のあり方、
安心でのびのびしたコミュニティづくりにも興味を持ち、
様々な手法や実践から学び続けている。
夢は、自分と相手のいのちを共に大切にしながら、
違いを喜び合い弱さを補い合う、いきいきと
自由で豊かな関係の中でつくられる持続可能な社会。
2014年、夢に専念しようと教員をやめ、
日本で初めてのCNVC主催IIT(NVC国際集中訓練合宿)を
オーガナイザーとして準備・運営に当たった。
総勢100人が9日間、共感を実践しながら
深く自分と出会う学びの場を作り、
その後全国へのNVCの広がりのきっかけをつくる。

~*〜*〜*~*〜*〜*~*〜*〜*~*〜*〜*

コーディネーター:久富 晶子

◆共感コミュニケーション岡山事務局代表

◆じぶんファーストコーチ
ブログ:http://ameblo.jp/jibundesign8

◆ゆめのたねラジオパーソナリティー
FBページ:https://www.facebook.com/imakokoradio

◆ミラクルタッピングスペシャリスト

じぶんファーストコーチとして、
まずはNVCを活用し、感情を認識して
心の中を先入観や思い込みを手放した
空っぽ状態(スペースが充分にある状態)に保つこと。
その上で、起こった事を客観的に観察し、
じぶんの想いに基づいて主体的に行動や言葉を
選べるように、サポートしています。

NVC実践歴2年半。
今までに、20回程NVCワークショップ主催/共催。
のべ100人ほどにNVCを伝えている。

~*〜*〜*~*〜*〜*~*〜*〜*~*〜*〜*
日程:年/月/日
開始時刻:14時 00分
終了時刻:17時 30分
開催場所:岡山県 岡山市奉還町2丁目14-7
参加費について:5000円
イベントページ:https://www.facebook.com/events/1521603941468693/

主催者名:小笠原春野、久富晶子
主催団体名:
問い合わせ・申し込みメールアドレス:adreamscometruef1974@yahoo.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る